Menuメニュー

着付けのアドバイス

  • HOME
  • 着付けのアドバイス

着付けのアドバイス

七五三やお振袖の着付けを簡単に紹介します。

ここでは、ご自分で着物を着てこられるお客様へ、簡単なアドバイスをいたします。

七五三女の子の着付けについて

1、必ず肌着を着る。Tシャツでもいいが、衿ぐりの空いているものがよい。足袋をはく。
2、やせている子は、腹にタオルを巻いて胴体の補正をする。
3、じゅばんを着ける。首に衿をよく沿わせて着せ、腰紐をする。子供用伊達締めがあればそれもしていい。子供は、首の後ろをぬいたりしないのが、元来のやり方。
4、着物を着る。衿元をきれいに見えるよう合わせ、腰紐をする。すそ上げをしてないときは、腰ではしょって大人と同じに着せ付ける。
5、おはしょりと衿を決めたら、腰紐か伊達締めをする。
6、被布なら、ここで被布をきせて終わり。
7、帯をつける。帯をまわして、ひもをしっかり結ぶ。背中の巻き終わりは左が上。
8、結び帯の結び目の内側、下部に帯揚げを通す。
9、その次に、結び帯を、背中の帯の上から差し込む。
10、結び帯についているひもを前に回し、帯の上側、胸の前でしっかり蝶々結びして、帯のなかに上から押し込んでひもを見えなくする。2本あれば2本とも。これをうんと下まで押し込むと、胸が苦しくないですよ。
11、帯揚げを前できれいに整える。帯締めをする。やり方はいろいろあるので、お祖母さまにきいてやってください。ここは年の功。
12、しごきを帯の下側に巻きつけ、左の後ろ腰にリボン結びする。しごきはものによって長いのがあり、子供の腰周りに一周しかしないのと、二周まわるのがあるので、長さをみてください。前の見えるところが、くちゃくちゃしてパンと布地が張らないときは、中に5センチ幅・長さ20センチの紙を挟み込むときれいになります。チラシ紙をたたんだくらいがちょうどいいです。
13、最後に、はこせこを衿に、末広(扇子)を帯にはさみこんで、出来上がりです。

七五三男の子の着付けについて

1、必ず、肌着を着る。Tシャツでもいいが、衿ぐりの大きいものがよい。足袋をはく。
2、じゅばんは、衿を首にきちんとよせて着せつけ、腰紐をする。
3、次に、着物を着せて腰紐をする。このとき、衿元がきれいになっているかどうかちゃんと見る。
4、帯をつける。大人の女性の浴衣の帯を結ぶように結ぶ。このとき、衿もとがぐちゃぐちゃしていたら、あとで直そうたって直らないので、ここでやり直しておくのがいい。
5、はかまは前はかまから着ける。前はかまを帯とほぼ同じ高さで付け、紐を腹回りにお互いに一周させて、背中心の帯下で普通に蝶々結びしてよい。
6、そして、後ろはかま。後ろはかまは、帯結びの上にのせ、紐を前にもってくる。すると、さっき回した前はかまの紐が子供の腹の周りをよこぎっているはずである。その中心で、一回ひもをそれに引っ掛けてから、普通にかた結びする。
7、ここで、結びめからはかまの紐が2本だらんとあまっているはずだ。これを片方を8センチ程度に折りたたんでいって結び目の上にのせ、もう片方をこれの真ん中でくるくると巻きつけて、十文字の形にする。これでできあがり。あとは羽織があればこれを着せる。

着付けのアドバイス

振り袖の着付けについて1

1、まず、足袋をはく。こはぜは、下から留める。
2、すそよけを先に着る。ひもは、弱く結ぶ。強く締めない。肌着を上に着る。
ワンピース型の肌着ならそのまま何も考えずに着ればよい。
☆衿足をこぶし1個半くらい背中側に下げる。これをしないと、あとで衿足から肌着が見えてしまう。

3、ここで体型補正をする。
平均的体型の人なら、胴周りにタオルを2枚ほど巻きつける。
肩から胸は、綿花やタオルなどを使ってなだらかにする。これは人それぞれ。
☆補正は入れすぎると太るので注意する。

4、体型補正の話
補正は、痩せているとか太っているに関係なく、必要です。曲線をもった人の体に直線裁ちした着物を着せつけるため、補正しないと美しく着付けができません。補正の要は、肩から腰までをなだらかにすることが肝心です。

5、えり芯をちゃんと入れてから、長じゅばんを着る。
衿足をこぶし1個分背中側に下げて、着せつける。前の衿あわせは、きちんと首に沿わせること。
ここで、前の衿合わせがゆるいと年増になるし、後ろをぬきすぎると芸者さんになる。とっても大切なところ。
衿元がきちんと決まったら、伊達締めをする。結び目は、きちんと伊達締め帯の中に押し込んで
表面は平らにするほうがよい。
(このとき、長じゅばんの丈が、振袖の下から見えそうに長い人がある。その場合は、
おはしょりをして丈を調節してあげる必要がある)

6、振袖を後ろから着せかける。
☆振袖には、あらかじめ重ね衿をつけておくこと。
重ね衿は、添付されているクリップで留めるより、背中心の衿に簡単に縫い付けておくほうがよい。

7、次に振袖を巻きつける。
前すその身幅を注意して、下前は少し褄あがりに入れこむこと。
ここの腰紐は、腰骨のすぐ上で回して、おなかの前中心でないところで結ぶ。
☆ここの締めるポイントは背中側。腰紐を締めるときの力の入れ場所は、前でなく背中でやるのがプロ。

振り袖の着付けについて2

8、八つ口から手を入れて、後ろ側のおはしょりを一なでして、きれいにする。

9、次は、重ね衿と前のおはしょり。
下前側の衿から。重ね衿の見え具合を調整しながら、長じゅばんの衿に沿わせてバスト下あたりのところで、コーリンベルトをつける。コーリンの余ったほうを左脇八つ口から出す。
☆このとき同時に、下前の余ったおはしょり部分を内側で折り上げて、おはしょりが帯下にでてくるところは、上前だけになるようにしておくことが、とても大切。

10、今度は上前側の衿。
下前の衿と同様に重ね衿の出方を見ながら決めて、コーリンベルトで留める。
☆おはしょりの位置を見る。帯をあてたとき、おはしょりの出方が手幅以上あるようなら、ここで腰紐を使っておはしょりを少し持ち上げて調節すること。

11、さて、帯。
帯の型は、着せ付ける以前に頭に決めておかないと、絶対うまくできません。いきあたりばったりで、
結べる人は、プロの方たちです。ここでは、基本的に帯を巻きつけるところまでの説明とします。
帯板は、振袖用標準サイズを必ず2枚準備。
枕と帯揚げ、帯締めは、手の届くところに置く。
帯は二つ折りにして、長さを決めた手の方の谷折り側を、まずお嬢さんの左手に持たせてください。

12、背中心で、手の谷側を上に折り返して、巻き始めます。
帯幅は、帯の半分より少し広く見せるようにするくらいがきれいです。

13、帯の高さに注意しながら一巻きして、背中にきたところで、背中心より少しだけ左寄りに1枚目の帯板を入れて、帯下側できゅっと締める。

14、続けて、ふた巻きめの前側に2枚目の帯板を入れる。
後ろに回ってきたら、たれを左脇から背中心にむけてななめにきれいに折りあげて、
お嬢さんが持っている手をもらって、帯を締める。

15、これから後は、自分がやりたい帯の型を作っていきます。

16、帯揚げや帯締めは、その決め方にさまざまな型があります。
これは、雑誌などを見たほうがわかります。