Menuメニュー

プロフィール写真を印象よく写るための説明ページ

  • HOME
  • プロフィール写真の写り方

★写真審査のある方達へ

まずは、絶対合格するのだという、固い意志をもちましょう。
エアライン、アナウンサー、タレント、俳優、歌手、モデル、諸コンテスト、オーディションなど・・。

競争が激しいのはたぶん確かですから、ぽや〜んと受けたのでは通るものも通りません。
意思を持つことで、自然に気合の入ったいい顔ができます。

■正統派のアナタはこんなかんじで撮影!

◆男性の場合

1、アナウンサーなどの場合は、スーツで写るお客様が多いです。
真面目で正統派に写りたいときは、就職・受験証明写真のページを参照してください。
紺のスーツに青系のネクタイというのは、とても普通過ぎるかもしれませんが、
これが一番真面目そうで清潔感があり、若者らしく見えるのはまちがいありません。

2、少し変化をつけたいなら、カッターは白のままでネクタイを変えるといいです。
青系以外なら、エンジ系か、明るいベージュ地に
なにか模様のはいっているものがいいです。
黒は、葬儀用みたいになるし、緑系は合わせるのがとても難しいので
やめたほうがいいです。

3、俳優とかモデルの場合は、服装はお客様のセンスでキメテきてください。
何を着て写るか、すでにそこから審査されているのです。
同じスーツでも少しラフにして、黒のスーツにチャコールグレーの絹のカッター、
それに濃いエンジまたはシルバーのネクタイの組み合わせだとか、
ベージュのスーツに開襟の白いシャツでネクタイは無しとか・・。

4、スーツでなくて、カジュアルの場合。
上は、顔うつりの良い色のもの、下は、足が長く写りたいなら、
パンツは仕立てのいいものを選ぶようおすすめします。あとは、お客様のお好みです。

5、それと、男性でおろそかになりがちなのが、靴。
何でもよくはありません。よく吟味してください。服装に合わせて、よくよく考えてください。

◆女性の場合

1、リクルートスーツの場合は、黒か紺が細く写ります。
ベージュは膨張色なので、さけてください。
グレーがお好きなら、チャコールグレーのような濃い目がおすすめです。

2、ブラウスは、ぱしっと襟のしっかりしたものを選ぶと、首のところがすっきりキマリます。
ノーカラーのインナーも、あっさりしていいですが少し大人っぽくなります。
スカーフを使うときは、緑は顔色がくすむのでさけましょう。無地より何か柄のあるほうが華やぐようです。

3、ツーピースやワンピースの場合、
ウエストから腰にかけてのラインがきれいなものを選んで下さい。
色は、スーツではないのですから、お好きな色でいいと思います。

4、パンツがお好きな方、キメテはヒップラインとすそ丈。
ジーンズの場合は、センスで決めてください。

5、髪型について。
前髪で、眉が完全にかくれているのは、アウトです。合格しません。
結ぶなら、すっきりとカンペキに。ばか毛出さないで。
結ばないなら、ファッショナブルに整えて。

6、メイクについて。
すっぴんはいけません。肌色がきれいに出ないからです。
ファンデーションは、絶対光らないタイプのをしっかりめにぬってきてくださるよう
お願いします。
アイメイクは、たぬきにならない程度にシャドウをぬって、ラインはばっちり入れていいです。
眉は、細すぎるのは、ふけ顔になるのでよくありません。優しいラインで描くこと。
唇は、ある程度はっきりさせた方がいいです。薄くて唇がどこにあるかわからないのはいけません。

7、最後に、オーディション用ではこれを言わないといけません。
自分を審査する人は、誰なのかを考えて下さい。
そうすると自然にメイクや服装の答えが出てきます。
例えば、エアラインなら髪はきちんと結んだ方がいいし、
コンテストならスタイルがよく見える服装がよいというふうに・・
総じて、いい加減な服装で、やりっぱなしの髪型ではだめなんだということを
ご理解いただければうれしいです。

■クラシックなど演奏者紹介用の写真の場合
この場合、上半身の写真が多いので・・

◆男性の場合

1、必ずひげは剃ってきてください。
おひげを伸ばしている方は別です。

2、服装は、スーツなら前述のとおりのことに注意してください。
燕尾服などのとき、家から着てくるのが面倒なら、お持込ください。蝶ネクタイは、黒かシルバーか、その他いろいろ持ってこられてもいいです。

3、楽器など持って写る場合は、
それも忘れないで。

◆女性の場合

1、まずちゃんとメイクしてきてください。
芸術家の人というのは、案外おしゃれに無頓着な人が多いので困ります。内面からにじみ出てくる輝きを持っている人が多いのが芸術家の人達です。
ばっちりお化粧してさらにきれいになってくださるようお願いします。

2、服装は、ドレスならどうぞお持込ください。
着替え室あります。肩の出方の美しいものがいいです。
アクセサリーについては言及しません。好みですので。あっさりいくか、ごっつういくか??

3、髪型は、美容室に行くことをオススメします。
特にヘアカラーしている人は、必ず行ってください。

■選挙用の場合は、印刷前提です。
まず、写られる前に、どんな場面に使いたい写真なのかを、
具体的にお話いただくとわかりやすいです。

◆男性も女性も

1、まず身だしなみを整えてきてください。
男性は、床屋に行って、髪形を整え、ひげをあたってもらってきてくださるようお願いします。
女性は、できれば美容室に行ってきてください。
また、お化粧は白塗りにならないよう、おてもやんにならないようお願いします。

2、服装は、男性ならスーツと決まっていますので、色を迷うようなら、2着くらいお持込になっていいです。
ネクタイも何本か持ってきてくださっていいです。
もちろん、自分の選挙カラーが決まっているならそれを重要視してください。
特に女性はどんな色でいくかよく検討されてきてください。

3、何かアピールするための小道具を持って写りたい場合は、それもどうぞお持込ください。

4、選挙用でこれが一番大事。笑顔です。
家で笑顔の練習をしてきてください。
政府高官の人達をみても、国会ではどえらいむつかしい顔つきをしているのに、
選挙用のポスターでは、満面の笑みです。
いい笑顔ができるよう、よろしくお願いします。